水曜日, 2020年10月28日

法人用のデビットカードにはどんな魅力があるのか?


審査不要で一週間以内に発行できる銀行もある

法人用のデビットカードは、クレジットカードと比べるとポイントの還元率が低かったり、特典が少なかったりするものが目立ちますが、銀行によっては審査不要で一週間以内に発行ができるといったメリットがあります。また、一般向けのデビットカードと同じように街中の様々な店舗で利用できるのはもちろん、ネット上で顧客や取引先と金銭のやり取りをする際にも決済方法としてスマートに活用することが可能です。最近では、デビットカードの発行を希望する法人を対象に専用の相談窓口を設置したり、公式サイトを通じて24時間発行手続きができるシステムを導入したりする銀行の数も増えています。そこで、近い将来にデビットカードの発行を検討している場合は、多くの法人から選ばれている銀行の特徴を早めに把握することがおすすめです。

経営が安定している企業なら提出書類が最小限で済む

法人用デビットカードの際に、事業計画書や収支報告書などのチェックを行う銀行もありますが、経営が安定している企業であれば、書類の提出を最小限で済ませることができます。法人向けのサポートが徹底している銀行の中には、発行時に必要となる書類の種類について個別に相談に応じたり、ネット上で公表をしたりしているところも少なくありません。また、少額の出入金や振り込みに限定して法人用デビットカードを作成する場合には、事業に関する書類が一切必要ないこともあります。そこで、時間を掛けていくつかの銀行の資料に目を通したり、カード発行までの流れを確認したりして、希望条件に合う銀行を選択することが肝心です。

法人のデビットカードには有料と無料があります。比較すると有料の方がサービスが多くなっていますが、法人のクレジットカードの方が手厚いサービスがあるので、デビットカードは無料を選ぶとお得です。